Raku2 OmakaseLink

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

日本映画新社68年の歴史に幕のニュース情報サイト!! (VARIETY)

映画もあんまり見に行かなくなったな。しかし、映画って、大人料金、高いよね。

以下、(日本映画新社68年の歴史に幕(VARIETY) より引用)

 戦前からニュース映画を製作してきた日本映画新社が、今月24日をもって解散した。同社は東宝の100%子会社で、前身は日本映画社。1941年の発足で、主に軍部の大本営発表のニュースや国策の映画を製作し、映画館中心に上映する業務を進めた。戦後の51年、東宝が完全子会社化し、日本映画新社として現在に至っていた。近年は、各団体や企業などのPR映画の受注製作などを行っていたが、業績の悪化に伴い解散を余儀なくされることになった。

 ニュース映画は、戦後のある時期まで、映画館で本編の前に頻繁に上映され、多大な影響力をもっていた。ニュース映画専門の映画館もあったほどで、人々はニュース映画で日々の情報を知るケースも多かった。しかし、テレビが普及し、茶の間でニュースが見られるようになってからは、徐々にその役割は失われていった。

 映画館での上映が下火になっていった半面、戦前からの貴重な映像はライブラリーとしての価値が大きくなった。同社はすでに78年の段階で、41~54年に製作したニュース映画素材約750本をNHKに売却するなどして、会社を存続させてきた経緯があった。

 同社のライブラリーには、ニュース映画やPR映画など約6600本が残っているという。うち約3500本は東宝の子会社が引き受けて、今後も日映アーカイブとして貸し出しの営業を続ける。また、PR映像中心の約1200本はクライアントなどに返還。さらに残りのニュース映画約1900本は、フィルムセンターなどに寄贈する予定だ。

デートで映画っていうのはいいけど、家族で映画というのは、何だかすごく勿体無い気がして。それだけあれば、おいしいものが食べられちゃう。

 現在、ニュース映画を製作している会社はないという。日本映画新社と同じように、長い間ニュース映画を製作してきた毎日映画社などは数多くのライブラリーを保持しているが、ニュース映画を製作しなくなって久しい。昔懐かしいニュース映画だが、老舗の会社が幕を降ろしたことで、ひとつの歴史が終わったとも言えるだろう。

引用はここまでです。

でも、オウチでゆっくりと思って、DVDとか見ると、途中で寝ちゃったりして。

【鑑定済み!】[直筆サイン入写真] (映画 マイ・フェア・レディ) オードリー・ヘプバーン ★一生涯保証付

【鑑定済み!】[直筆サイン入写真] (映画 マイ・フェア・レディ) オードリー・ヘプバーン ★一生涯保証付

■ 俳優名: オードリー・ヘプバーン / オードリー・ヘップバーン (Audrey Hepburn) ■ 映画名: マイ・フェア・レディ (My Fair Lady) ■ 出演作: ローマの休日/暗くなるまで待って/おしゃれ泥棒/マイ・フェア・レディ/パリで一緒に/ティファニーで朝食を/尼僧物語/パリの恋人/戦争と平和/麗しのサブリナ ■ サイズ: 約20×25cm ■ シート: スチール写真 ■ 当店のこだわり: 安心してお買い物を楽しんでいただくため、当社は様々なこだわりを持っております。ご購入前に、ぜひ当社の取扱商品への姿勢をご覧くださいませ。詳細はこちら ■お届けイメージ: オートグラ・・・フェーマス サイン&ポスターズの商品はコチラ

¥420000

スポンサーサイト

2009年04月30日 未分類 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。